示談交渉の実際

交通事故の被害者になった場合、被害者本人が法律に精通していれば、弁護士の力を借りることなく納得のいく損害賠償を受けることができる可能性があります。仮に加害者との示談交渉がうまくいかず、裁判で決着をつけなければいけなくなったとしても、交通事故の損害賠償では本人訴訟といって弁護士をつけない方法もあります。ただ、いまの交通事故による損害賠償交渉では、被害者サイドが交渉をするのは、加害者が加入している保険会社の示談交渉専門の人間であり加害者本人ではありません。

ポイントは加害者が加入している保険会社の担当者であるということで、保険金の支払い額を安くしようとするきらいがあります。また、示談交渉専門の担当者ということで、場数を踏んでいるほか、法律にも精通しています。被害者側としては、十分な法的知識を備えて交渉しなければ、うまく丸め込まれてしまって相手側に有利な条件で示談書にサインを行なわなければいけなくなる可能性があります。保険会社の担当者は保険会社の利益のために動くのであり、お互いが納得のいく形で話を進めてくれる、被害者に寄り添った対応をしてくれるという期待は、いっさい持たないようにするのが正解といえるでしょう。

少しは示談交渉のことを学んでいる程度のレベルでは、保険会社の示談交渉専門の担当者に太刀打ちすることはできません。示談交渉で不利な条件でサインすることを避けたい場合には、交通事故に強い弁護士に相談することが大切です。