よい相談時期は?

弁護士費用特約が付帯している自動車保険に加入していれば、弁護士費用の心配をすることなく依頼ができます。事故の規模を問わず、交通事故問題を最善の解決へと導いていってくれるため、被害者だけで問題を抱え込まずに済みます。したがって、この特約がある場合には事故直後に弁護士に相談・依頼するのがおすすめです。また、弁護士費用特約がなくても、重傷事故の場合には事故直後に相談・依頼をしたほうがよいでしょう。

このほかに弁護士の相談時期として向いているのは、治療が終わってすぐの時期です。この時期は後遺障害の認定手続き前のタイミングでもあり、被害者に有利な後遺障害等級を取得するためには、弁護士の力が欠かせないためです。また、治療が終わる前でも、保険会社による治療費の支払いが打ち切られてしまうような場合にも、弁護士が頼りになります。

後遺障害等級に納得がいっているのであれば、後遺障害認定後に弁護士に相談・依頼する価値はあります。弁護士があいだに入ることによって、保険会社によって支払いが行なわれる示談金がかなり高くなる見込みがあるためです。

最後に、最善の結果を得るためには、弁護士選びが重要になってきます。弁護士といっても離婚問題に強い人もいれば、相続問題に強い人もいます。交通事故の示談交渉が得意な人もいれば不得意な人もいるため、交通事故問題を得意とし、実績のある人に相談・依頼をしましょう。

↓外部リンク↓
交通事故 示談
交通事故示談に詳しい法律事務所「アディーレ」のサイトです。