まずい相談時期は?

弁護士に交通事故被害による示談交渉の相談する時期として、ふさわしくない時期はあるのでしょうか。まず一番まずい相談時期は、示談書締結後です。仮に示談の内容に納得がいっていなくても、一度締結した示談書の効力は基本的に覆すことができないためです。どんなに遅くとも、示談書にサインする前には弁護士に相談することが後悔しないためには重要です。

ほかに弁護士に相談するには遅い時期としては、後遺障害認定後があげられます。一度、後遺障害の認定結果が出てしまうと、その結果に納得がいっていなかったとしても、あとになって異議申し立て手続きや裁判で納得のいく形に変えることは、交通事故に強い弁護士でもきわめて難しくなります。後遺障害が残りそうな場合には、後遺障害の申請を行なう前に弁護士に相談することが重要です。

なお、よく事故直後に弁護士に相談したほうがいといわれますが、場合によっては向かない交通事故もあります。被害者が重傷を負うような交通事故の場合はベストの相談時期なのですが、軽傷しか負わないような人身事故であったり、物損事故であったりした場合には、弁護士に依頼する費用が得られる金額を上回ってしまうことが多いのです。